運営事務局

まほロバを運営してるのは、代表と顧問以外、実はほとんど学生なんです。
若者と社会をつなぐ接着剤。
そんなまほロバ運営事務局のメンバーをご紹介。
代表

山崎達哉

ネットワークプランナー
2011年11月1日、当時22歳でまほロバを創業。
店の全体プロデュースの他、店の外でも
“若者と社会をつなげる” 理念に則って、多様な事業を展開。
「一体何屋さんなんですか」と言われることに生きがいを感じる。
隠れデブ。
togashi
誰かのやりたいを、支えて伸ばす。
富樫葵
代表代行
大学入学と同時に事務局に加入した、
まほロバを知り尽くす名脇役。
店外のつながりを描いた「ときどき」の
発行をはじめ、あらゆる店長の企画を
多面的にサポート。
味覚保守。
山崎くん
自ら挑戦し、轍をつくる。
山崎亮太
副代表
髪の色は七色に変わるけど、
中身はシャイで素直。
大学で福祉を学ぶかたわら、
まほロバでは子ども食堂や
デザイン作業などで活動中。
会話の抑揚、常に一定。
teru
モノと空間に、新しいアイデアを。
平野慶輝
企画部長
7人兄弟のほぼ真ん中で育った、
芸術系事務局。
小物、イラストなど、プロモーション面から
店長をサポートしています。
おしゃれって、なに?
光城さん
顧問
光城悠人
代表が学生時代足繁く通った飲食店
「猿基地」の店主。
まほロバの構想はこの店から生まれる。
現在も、勢いだけの事務局に
知性と客観的な意見を提供する。
ロジカルモンスター。
銭谷さん
顧問
銭谷充子
まほロバ創業の母。
日替わり店長のアイデアや仕組みの礎を、
当時の事務局、
代表と共に築いてきた。
体育会系。